見えない不祥事―北海道の警察官は、ひき逃げしてもクビにならない

個数:
電子版価格 ¥1,188
  • 電書あり

見えない不祥事―北海道の警察官は、ひき逃げしてもクビにならない

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903722733
  • NDC分類 317.7
  • Cコード C0031

内容説明

北海道警「未発表非違事案」年間100件超の唖然。

目次

序章 その不祥事は、誰も知らない
第1章 その秋、道警は「異常事態」だった
第2章 見えない不祥事「監督上の措置」
第3章 警察特権「発表の指針」
第4章 発表されたケースを疑え
終章 その不祥事は、誰も知らない

著者紹介

小笠原淳[オガサワラジュン]
1968年11月、小樽市生まれのライター。旧『北海タイムス』の復刊運動で1999年に創刊され2009年に休刊した日刊『札幌タイムス』記者を経て、現在、月刊『北方ジャーナル』を中心に執筆。同誌連載の「記者クラブ問題検証」記事で2013年、自由報道協会ローカルメディア賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)