盲導犬の訓練ってどうするの?―視覚障害当事者の歩行訓練体験記

個数:
  • ポイントキャンペーン

盲導犬の訓練ってどうするの?―視覚障害当事者の歩行訓練体験記

  • 松井 進【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 生活書院(2011/01発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 70pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 136p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903690643
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C0036

内容説明

アイメイト(盲導犬)・ロミオとともに受けた三週間の歩行指導訓練の記録。アイメイトの使用者が犬たちとどのように出会い、どうやって信頼関係を築いているのか、その軌跡が一冊に。

目次

第1部 別れとハネムーン(1日目 2007年5月4日(金)
2日目 5月5日(土)
ロミオとの出会い ほか)
第2部 歩行訓練の始まり(3日目 5月6日(日)
4日目 5月7日(月)
盲導犬の神様との再会 ほか)
第3部 卒業(21日目 5月24日(木)
22日目 5月25日(金)
23日目 5月26日(土))

著者等紹介

松井進[マツイススム]
1871年千葉県に生まれる。1990年千葉盲学校卒業後、米国オーバーブルック盲学校インターナショナルプログラムへ参加。コンピュータープログラマーとしての訓練を受ける。1992年点字による公務員採用試験を経て千葉県庁入庁。千葉県文書館に配属となる。2005年4月21日より、人事異動で千葉県立中央図書館勤務となる。1993年盲導犬クリナムと歩き始める。1999年クリナムがリタイア。2頭目の盲導犬、アンドリューと歩き始める。2007年アンドリューがリタイア(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆうゆう

1
目からウロコ。二人三脚のようなチームワークだから、二人五脚。ウィットに飛んだ文章で、へぇ~っという世界。盲導犬の交代は言うなれば、人事異動みたいなもの?でしょうか。パートナーとの訓練を試用期間に例えるなら、やっぱり生活するうえでの毎日の勤務を勤める同僚のようなものでしょう。全ての人とワンちゃんが幸せなシステムが広がるといいなと思います。2013/12/12

虹の蛇

0
視覚障害者と共に歩む相方を「アイメイト」と言うんですね。街中で普通の人とほぼ同じ速さで歩いているので盲導犬とはすごいなと思っていたのですが、やはり事前に人もみっちりと訓練が必要なのですね。納得です。2011/03/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2184996
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。