貧困の概念―理解と応答のために

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 326,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903690261
  • NDC分類 368.2
  • Cコード C0036

内容説明

貧困とは何か。貧困に対して何がなされるべきか?―これまでのさまざまな定義・アプローチを整理し、主張の対立点や問題点をも指摘しつつ、人々がなぜ貧しいままなのか、そして私たちはどう応じるべきかを問う。福祉政策理論の第一人者による、貧困問題を考えるための本格的入門書。

目次

第1部 貧困を理解する
第2部 物質的必要としての貧困
第3部 経済的境遇としての貧困
第4部 貧困と社会関係
第5部 道徳的概念としての貧困
第6部 貧困の説明
第7部 貧困への応答

著者等紹介

スピッカー,ポール[スピッカー,ポール][Spicker,Paul]
1954年英国ニューキャッスル生まれ。オックスフォード大学卒業後、ロンドン大学(LSE)にて博士号取得。アバディーンのロバート・ゴードン大学公共政策学部で学部長(Grampian Chair)の役職とともに、公共政策管理センター長を現在務めている。研究領域は、貧困、必要、不利、サービス提供であり、様々な社会福祉機関でコンサルタントを務めてきた。福祉政策・理論に関する多数の著作がある

圷洋一[アクツヨウイチ]
1971年生まれ。明治学院大学大学院社会学研究科社会学・社会福祉学専攻博士後期課程修了。現在、日本女子大学人間社会学部専任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

3
貧困の定義は、多義的かつ個別的。つまりは、「参加者が多ければ、貧困概念に関する理解は、否応なしに多種多様なものとなる」(32ページ)。だから貧困研究はなかなか難しいのである。貧困の10次元とは、①不安定な暮らし、②排除を被る居住区域、③身体的健康、④ジェンダー関係、⑤社会関係の問題、⑥安全の欠如、⑦権力の濫用、⑧力を奪う制度、⑨脆弱なコミュニティ組織、⑩貧困者の潜在能力に対する制約(45-46ページ)。人権や健康の剥奪もまた、貧困問題に思えた。自らがそういう目に合っているからである。貧困からの脱出は重要。2012/11/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/175776

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。