スパイにされた日本人―時の壁をこえて紡ぎなおされた父と娘の絆

個数:

スパイにされた日本人―時の壁をこえて紡ぎなおされた父と娘の絆

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月25日 18時29分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784903487588
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0022

内容説明

国家によって断ち切られた家族の絆を取り戻すための、理解と和解への長い旅路の物語。

目次

着物
東は東、西は東
呪い
光を見つつ
海と丘のはざまで
日が昇る国―日本へ
海辺の暮し
父の逮捕
小規模自作農
敗戦
海辺の女主人
新しい始まり
父を見つけ出す
偉大なる老女
語られなかった物語
「獄中記」
「長い旅」が終わった

著者等紹介

リード,エドナ・エグチ[リード,エドナエグチ][Read,Edna Eguchi]
1929年、日本人の父とイギリス人の母の次女としてロンドンに生まれる。ワージング女子高校在学中には、サセックス州のホッケー選抜チームのメンバーに選ばれたり、若い市民の会議議長として世界平和会議に出席。美術と英語で優等賞を取るなど、優秀な成績で卒業。ウエスト・サセックス大学で美術を学び、デザイン学の国家卒業証書を取得。1954年に結婚後も、美術とデザインで教鞭をとる

加藤恭子[カトウキョウコ]
1929年東京に生まれる。早稲田大学文学部仏文科卒業と同時に渡米・留学。ワシントン大学修士号。65年、早稲田大学大学院博士課程修了。65~72年、マサチューセッツ大学で研究生活を送る。73~95年、上智大学講師、95年から同大学コミュニティ・カレッジ講師。現在は(財)地域社会研究所理事。専攻はフランス中世文学。第43回日本エッセイスト・クラブ賞、第11回ヨゼフ・ロゲンドルフ賞、第65回文藝春秋読者賞受賞

平野加代子[ヒラノカヨコ]
1944年生まれ。学習院大学文学部英文科卒業。加藤恭子翻訳グループ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。