花たちのおしゃべり―『おばあさまの物語』より

個数:

花たちのおしゃべり―『おばあさまの物語』より

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 153p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784903487175
  • NDC分類 K953
  • Cコード C0097

著者等紹介

サンド,ジョルジュ[サンド,ジョルジュ][Sand,George]
1804~1876。本名オロール・デュパン。ポーランド国王の血を引く軍人を父に、セーヌ河岸の小鳥屋の娘を母に、パリに生まれ、中部フランスの田園地帯ノアンの祖母のもとで育つ。1822年、18歳で結婚し、二人の子をもうけるが、1836年に離婚。1832年、『アンディアナ』で文壇にデビューし、『レリア』『モープラ』など次々に発表。小説、戯曲など百編以上の作品を残した。『魔の沼』『愛の妖精』など一連の田園小説の評価が高い。ミュッセやショパンとの恋愛関係も有名。晩年はノアンに戻り、息子一家とおだやかな生活を送り、村人から「ノアンのやさしい奥様」と慕われる

樋口仁枝[ヒグチヒトエ]
ベルギー・ルーヴァン大学文哲学部ロマン語学科卒業。カリタス女子短期大学教授(仏語・仏語圏文化専攻)。専門はフランス語教育、フランス語圏の民話・童話、ジョルジュ・サンドの田園小説・童話(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。