東京の図書館で働いて―カウンターの内から外へ

個数:

東京の図書館で働いて―カウンターの内から外へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年04月29日 01時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903192222
  • NDC分類 010.4

内容説明

図書館はいつでも、どこでも、誰をも受け入れてくれるところ。空気のように利用してこそ―。図書館で働いた32年間を振り返り、図書館のこと、本との出合い、図書館とともにある定年後の生き方を綴る。

目次

第1部 私と図書館―東京の区立図書館での三十二年(図書室に入り浸っていた女子高校生;大学卒業、結婚、司書資格の講習;図書館でのアルバイト、そして幸運にも本採用 ほか)
第2部 定年後の語学留学(オーストラリアへ、念願の語学留学;アデレードの語学学校に入学;語学学校の仲間たち ほか)
第3部 本との出会いあれこれ(健康的に「毎日が日曜日」を過ごすには;日本人ってこんなに孤独な人種だったの?;ブータンとGNH(国民総幸福)と図書館 ほか)

著者紹介

なかしまのぶこ[ナカシマノブコ]
愛知県で生まれる。大学卒業後上京。1972年より2003年まで、東京の図書館に勤務。2007年退職。江東区図書館友の会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)