発達障害なんのその、それが僕の生きる道

個数:
電子版価格 ¥1,152
  • 電書あり

発達障害なんのその、それが僕の生きる道

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月06日 14時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 204p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903192178
  • NDC分類 378.6
  • Cコード C0036

内容説明

発達障害の僕が語る、僕の日常。家族はどのように向き合うのか。

目次

第1章 発達障害の僕が語る、僕の歩む道(ハローワークから新たなスタート;面接官と僕とのやりとり ほか)
第2章 発達障害の息子と学校(子どもの成長と子育ての悩み;しつけの名を借りたいじめ ほか)
第3章 息子の自立に向けて(高校進学にチャレンジ;かわいい子には旅をさせよ ほか)
第4章 発達障害を理解するために(家族で歩んだLD理解への道のり;LDの混乱 ほか)

著者等紹介

上野康一[ウエノコウイチ]
仮名。1987年、神奈川県横浜市に生まれる。中学校はほとんど不登校、北海道の北星学園余市高等学校卒業、琉球リハビリテーション学院中退、自転車店のアルバイトを経て、現在、造船会社に勤務

上野景子[ウエノケイコ]
1959年、神奈川県横浜市に生まれる。1981年より小学校教諭として勤務。1987年、退職。2002年より臨時的任用教諭、非常勤講師として勤務。各地で高機能自閉症啓発のための講演活動を続け、現在に至る。1994年より、LD児理解推進グループ『のびのび会』会長。2003年より、日本自閉症スペクトラム学会正会員。2005年、自閉症スペクトラム支援士の資格を取得

上野健一[ウエノケンイチ]
1954年、東京都杉並区に生まれる。1980年より中学校教諭として勤務。現在、個別支援学級担任。1994年よりLD児理解推進グループ『のびのび会』事務局長。2003年より日本自閉症スペクトラム学会正会員。2005年、自閉症スペクトラム支援士の資格を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mariko

0
「ぼくもクレヨンしんちゃん」「わらって話せる、今だから」の続編。内容は前二作にかぶる所も多かったけど、今回は息子君ご本人の手記が入ったのが読み所。医療系専門職を目指したものの、壁にぶつかり学校退学した息子君は職を転々とした後障害者のための就職フェアで造船関係の職につき、今に至ると。障害を認めてくれる場所で働くことは正直メリットデメリットあると思うけど、本人が幸せならそれが一番かな(結局、健常障害関係なく、この結論に尽きる)ずっとシリーズ追っているとまるで親戚のおばちゃんみたいな気分になる。康ちゃん頑張れ!2017/01/25

nyaon

0
本人、父、母それぞれの観点で書かれているのが良かったです。2014/04/30

あると

0
心当たりのある状況が随所に書かれていて、やはりうちの子たちも発達障害に間違いないのだとしみじみ思いました。 困り感をどう克服していくか・・・考えさせられました。2012/12/14

コウママ

0
自閉をもつ本人さんの章がやはり印象的。お母さんが当時の気持ちをしっかりと書いていたのが良かった。2012/02/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3487302

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。