閉塞感のある社会で生きたいように生きる―オルタナティブ大学で学ぶ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903192123
  • NDC分類 371.5
  • Cコード C0036

内容説明

私たちはいま、閉塞感につつまれながら生きている。働くこと、お金、人との関係、不登校、ひきこもり、ニート…。この社会ってなんだろう。この息苦しさってどこからくるのだろう。研究すること、表現すること、生き方を創ること。みんな「私」からはじまっていくことではないのか。生きたいように生きるには、どうすればいいのか。それを、私たちがいる「シューレ大学」で考えてみた。私たちの生き方が、ここからはじまる。

目次

第1章 シューレ大学を創ること、シューレ大学の学生であること
第2章 「私からはじまる」ってどういうこと?
第3章 私からはじまる研究
第4章 「自分研究」論文
第5章 私からはじまる表現
第6章 自分の生き方をつくる

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

がぁ

0
期待ほどではなかったなぁ。残念。 生きにくい、ということはよくわかった。 同じように感じている人たちがいる、ということも理解した。 しかし、シューレに参加しなければ、そこから這い上がれないようにも読み取れる内容で、少々辟易とする。2011/01/31

米光一成

0
NPOが設立運営する大学。期間、出席、単位、点数評価、学科という枠組み、なし。ひとりひとりが年間計画をたてて半年で振り返り、年度末に発表報告。講座を決めると、関心のある学生がどのようにやっていくか希望を出し、週一なのか二なのか決めて、講師を誰にするのか、ディスカッションか、レクチャーか、フィールドワークか、など、カリキュラムと内容を決める。という大学の本。どのような大学かという概要を記す第1章がおもしろかった。2010/05/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/581993

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。