ぼくとジムランの酒とバラの日々

個数:

ぼくとジムランの酒とバラの日々

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年05月28日 12時14分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 333,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903186795
  • NDC分類 764.7

内容説明

全国からファンが足繁く通うという岩手県一関市のジャズ喫茶「ベイシー」。店主である菅原正二が全人生を捧げた「音」の探究はいつしか、オーディオと、そして自分自身と向き合い続ける彼の壮大な哲学を生み出していく。ユーモア溢れる圧倒的な筆致で綴られた、唯一無二のオーディオ・エッセイ。カラーで解説する「巨星カウント・ベイシーが歩んだ栄光のレーベル物語」を新録した、完全保存版。

目次

一枚のレコード
ベイシー・サウンドの夜明け
テキサス・スタイルの岩崎さん
375のホーンレンズはトタン屋根!?
音は見るもの
もっと低音を!!
スピーカーに喋らせろ!!
カウント・ベイシーの場合
菅野沖彦参上!
音を取り次ぐ〔ほか〕

著者紹介

菅原正二[スガワラショウジ]
ジャズ喫茶ベイシー店主。1942年生まれ。早稲田大学在学中、「ハイソサエティー・オーケストラ」のバンドリーダーとして活動。「チャーリー石黒と東京パンチョス」のドラマーを務めたのち、1970年に岩手県一関市にジャズ喫茶「ベイシー」を開店。独自のジャズ、オーディオ論で書籍、新聞、雑誌などへの執筆多数。ジャズ・アーティストたちとの親交も厚く、イベントプロデュースほか、ジャケット写真等も手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)