美容院ベビーフェイス物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784903186481
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

微妙に揺れ動く三十代の男女の、愛の機微を静かな文章で描く。隅田川が流れる墨堤にほど近い角店。美容院をひとりで営む千夏三十五歳。千夏の恋人は「入道」と呼ばれる製薬会社主席研究員にしてロックンローラー。飼って十年になるオス猫のヒョウ太。そしてにぎやかな下町の客たち。美容院・ベビーフェイスを囲む人々が織り成す、ひだまりのような物語。美しく深みのある抒情性、青空のようにひろがる透明感。領家高子が描く、絵巻物のようなおとなの青春小説。珠玉の書き下ろし連作短編集。

著者等紹介

領家高子[リョウケタカコ]
1956年、東京生まれ。1995年、『夜光盃』(講談社)を出版し、つづいて、『ひたくれない』、『八年後のたけくらべ』を刊行。2001年以降、『九郎判官』(講談社)、現代の芸者を主人公とした長編三部作『向島』『墨堤』『言問』(すべて講談社)やロマン・ノワールの秀作『サン・メルシ つれなき美女』(講談社)、新たなる樋口一葉像を誕生させた『一葉舟』(NHK出版)、九鬼周造の哀しみを見つめた『夏のピューマ』(講談社)を刊行。その硬質な文体と抒情性は、高い評価を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Iso

5
後書きにあった青春後期小説という言葉がピッタリ。気持ち良く読めました。2015/02/11

ユーロバス

4
魅力的な女性が何人も登場。みんな自分の足でしっかり立っている。2018/09/17

シュウ

0
好きだなあ。読んでて胸がポカポカしました。大人が読んだ時の、気恥ずかしさとトキメキの間を絶妙にたゆたう感じ。この作品は「当たり」です。★★★★☆2015/08/27

sada

0
かわいい物語にカワイイ文章。素敵な単語。2015/05/14

takegen

0
美容院に行った日に図書館で目が合った本。装丁の綺麗な青空にも惹かれて。「ベビーフェイス」という小さな美容院を中心とした、しっとりとした、芯のある大人の青春恋愛小説だった。静かに時が流れ、人と人がきちんと繋がっている空気があり、その間に育まれるもの。「恋面」「ひだまり貯金」所々に出てくる造語も温かい。なんかいいなぁ。そう思わせてくれる物語。2015/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/431083

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。