女について

個数:

女について

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月15日 17時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 117p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903145655
  • NDC分類 134.6
  • Cコード C0010

内容説明

近代哲学の父が語る古典的女性観。これは不快な文章なのか、得心する告白なのか、それとも女性賛美か。

目次

女について
昭和二十七年版 訳者解説
ショーペンハウェルの『女について』
おまけ対談 挿画と造本について―東海林ユキエさんと鍋を囲んで語る/訊き手横山茂彦

著者等紹介

ショーペンハウェル,アルトゥル[ショーペンハウェル,アルトゥル] [Schopenhauer,Arthur]
1788年~1860年。ドイツの哲学者。一般には厭世思想の持ち主として知られている。特に一九世紀末にドイツで持てはやされ、非合理主義の源流とも言われている

石井立[イシイタツ]
1923年、神奈川県出身。編集者、翻訳家。1946年、京都帝大卒。1964年没(享年40歳)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。