16歳の迷っていた僕への手紙〈’12〉不登校、いじめ、心の病、みんな乗り越えられたよ

個数:

16歳の迷っていた僕への手紙〈’12〉不登校、いじめ、心の病、みんな乗り越えられたよ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月08日 19時51分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 128p
  • 商品コード 9784902776621
  • Cコード C0037

目次

体を壊すくらい無理をして気づいた自分の好きなことを楽しく学ぶ道
中学校でやり残した経験はサポート校ですべて取り戻した
答辞に書いた「しっかりしよう」という気持ちは家族を持って一層強まっている
頑張れない自分を責め続けた日々は今の自分を見つけるためのプロセスだった
いじめがなく資格も取れるサポート校のおかげで念願の仕事に就くことができた
私を変えてくれたのは通信制高校で出会った仲間と先輩が奏でたギターの音色
自分で探した学校生活だから法律を学びたいという夢も見つけられた
過ぎた中学生活の忘れ物を新しい女子だけのキャンパスで取り戻す日々
自分の居場所が見つかったことで日々の生活に活気が出た
通信制高校で入った音楽部の活動が人見知りで消極的な性格を消した
厳しい自衛隊の学校で支えになったのは父の言葉だった
ビビッときた技能連携校で9年続いた不登校が皆勤に変わった

出版社内容情報

彼らは何故、通信制高校やサポート校を選んだのか。実際に通信制高校やサポート校に進学、卒業をした12組の生徒とその親御さんを取材した一冊。

【編集者からのコメント】
小社では通信制高校やサポート校などに協賛していただいて「合同相談会」を開催しております。合同相談会では、各校の先生たちが個別に進路相談を行うかたわら、在校生や卒業生による「体験談を聴く会」も併せて行っています。この聴く会が、来場された中、高校生や保護者の方々に好評を得ていることから、これらの生の声を一冊の本に編集する運びとなりました。未だトンネルの先にある光が見つからない子どもたちのために、聴く会では語りきれなかったエピソードを詳しく紹介します。生きづらさを感じ、悩み、苦しみ抜いて、通信制高校やサポート校にたどり着き、世界観が変わった体験者たち。その忌憚のない語りには、強さと優しさがあります。本当に大切なものは? 「自分らしく生きる」とはどういうことか? そのために必要なことは何なのか……。その答えが読後に見えてくる1冊です。