科学技術とキリスト教<br> 近代科学者たちの科学と信仰

個数:

科学技術とキリスト教
近代科学者たちの科学と信仰

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月25日 08時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 233p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784902386769
  • NDC分類 402
  • Cコード C0040

内容説明

ガリレオ、ベーコン、デカルト、パスカル、ニュートン。これまで素直に聖書を信じた自然に対する学問を、観察と実験で、客観的な近代科学として生み出した科学者達。彼らの科学とキリスト教信仰との関係を、科学者でキリスト者である著者が、現代の視点で掘り下げて追究した労作。

目次

序章 ルネサンスから近代まで
第1章 ガリレオ裁判
第2章 フランシス・ベーコンと自然の知
第3章 ルネ・デカルトの演繹的思惟方法と神
第4章 パスカルの科学研究とプロヴァンシャル論争
第5章 アイザック・ニュートン

著者等紹介

古谷圭一[フルヤケイイチ]
1934年、東京都に生まれる。53年頃から求道者として日本基督教団四谷教会に。55年受洗。1959年、東京大学工学部応用化学科卒。64年同大学大学院化学系研究科修了。工学博士。東京大学工学部助手、助教授を経て、79年東京理科大学理学部応用化学科教授。専攻、工業分析化学、環境分析化学、技術史、技術論。大学キリスト者の会、世界教会協議会(WCC)「未来・科学・信仰」プロジェクトに参加。1970‐71年カナダ、ウォータールー大学工学部経営工学科で「日本化学工業史」の研究。1999年恵泉女学園大学人文学部教授として人間環境学科を創設した。「科学技術とキリスト教」を担当。2012年まで社会人講座で講義。東京理科大学名誉教授、恵泉女学園大学名誉教授、関東学院大学キリスト教と文化研究所客員(バプテスト史)。日本基督教団早稲田教会所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。