「旧字源」―旧漢字でわかる漢字のなりたち

個数:

「旧字源」―旧漢字でわかる漢字のなりたち

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月05日 12時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 208p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784902381382
  • NDC分類 821.2
  • Cコード C0081

出版社内容情報

新字体になる際に大きく変化した旧漢字についてとりあげ、字の成り立ちを解説します。新字体になる際に大きく変化した旧漢字についてとりあげ、字の成り立ちを解説します。

また、メインとなる2章の他にも、1章では新字体ができる経緯について述べ、3章では漢字の歴史を甲骨文字まで遡り、日本での受容とその後の変化について解説し、1冊通して漢字の全体像がつかめるようになっています。

1章「旧漢字とは」 

    「旧漢字」とはなにか? 

     当用漢字表・新字体までの道のり

     当用漢字のその後

     新字体と旧字体

     漢字をめぐる混乱と迷走

     漢字のこれから  



2章[旧字源]――旧字体から字源をさぐる 



3章 漢字の歴史と基礎知識 

  漢字の歴史 

  漢字の渡来と日本的な変化



新旧字体対照表・索引

青木 逸平[]
著・文・その他

目次

1章 「旧漢字」とは(「旧漢字」とはなにか?;当用漢字表・新字体までの道のり;当用漢字のその後;新字体と旧字体;漢字をめぐる混乱と迷走 ほか)
2章 「旧字源」旧字体から字源を探る
3章 漢字の歴史と基礎知識(漢字の歴史;漢字の渡来と日本的な変化)

著者等紹介

青木逸平[アオキイツヘイ]
1957年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。出版社、編集プロダクション勤務を経て、フリーランスの編輯者、校正校閲者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

猿田康二

1
白川静著「常用字解−第2版−」を解説の補足として本書を読み、楽しめた。ピックアップされる漢字について著者と白川静がそれぞれどう解説しているのか読み比べ、より深くその字が理解できた。本書には古代に中国で産声をあげ、日本に伝わり今日を迎えた漢字の運命が簡潔に書かれ、何度も滅びる危機に遭っていたことを知る。本書によって「漢字愛」がまた増幅してしまった。それにしても旧仮名遣いにより愛情を感じてしまうのは私だけだろうか?體(体)とか盡(尽)や薹(台)。たった1文字でそこに思想が含まれる漢字はアートだと思う。2019/04/30

在野魂

0
個人的に興味深いテーマの本で即買い。 本書は長年校正を生業としてきた著者が、旧字体から現在の新字体に変更された歴史の概要を説明。敗戦後当用漢字表が制定され、現在我々が使用する今の漢字となる。その際大きく変わった字や、グループに分かれて包括された字等の本来の字源を、様々な辞典を典拠にいかに字が変わったかを説明するのが主たる特徴である。 新字体は、日本や中国で昔から使用されてきた俗字・略字等を多く採用して国民に馴染みやすく覚えやすい一方、本来の字そのものの字源と関係性が断裂する悲しい運命を辿ってしまった。 2019/09/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13153036

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。