狂牛病の黙示録―北海道猿払村におけるBSE被害農家の苦闘の記録

個数:

狂牛病の黙示録―北海道猿払村におけるBSE被害農家の苦闘の記録

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784902269383
  • NDC分類 645.36
  • Cコード C0036

内容説明

あれから八年。BSE問題は本当に終焉したのか?二人の牛飼いが狂牛病の本質を問い続け、殺された牛たちからのメッセージを未来に向けて発信した警告の書。厚労省の「BSEに関するQ&A」も収録。

目次

1 狂牛病とは何か(狂牛病の発生;イギリスで起こった狂牛病パニック;狂牛病(BSE)とは何か)
2 狂牛病被害農家の言い分(私の牧場で;牛の補償をめぐる国と村の対応;その後の狂牛病被害農家;開拓者の末裔として)
3 資料編

著者等紹介

池田毅嘉[イケダキヨシ]
1934年(昭和9年)北海道猿払村上猿払生まれ。1968年、28歳で北海道猿払村にて酪農経営を始める。のちに経営を娘婿夫婦に移譲。2001年11月21日、わが国二例目のBSEの発生被害農家となり、2002年2月に離農。現在、離農跡地に妻と暮らしながら、オホーツク立地農業研究所のBSE問題主任研究員としてBSE問題の検証に取り組む

山下陽照[ヤマシタハルテル]
1938年(昭和13年)東京都八丈島生まれ。北海道大学農学部畜産学科卒業。1964年、北海道庁採用(上級職)、道立農業講習所にて農業後継者教育。1966年、宗谷支庁農務課草地係、技師として草地行政に従事。その後、「狩勝牧場」の生産課長、「ノーサンファーム」の農場長、「北海畜産農業協同組合」の生産指導部長を歴任。「北海道チクレン農業協同組合連合会」の生産指導部勤務をへて、1991~94年、オーストラリア・クラウン・フィードロット(現地法人・肉牛牧場)ジェネラルマネージャーとして招へいされる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。