アメリカの軽度発達障害児教育―「無償の適切な教育」を保障

個数:

アメリカの軽度発達障害児教育―「無償の適切な教育」を保障

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 181p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784902244175
  • NDC分類 378.025
  • Cコード C0037

内容説明

アメリカの障害児教育は、「無償の適切な教育」を受ける権利のシステムとして構築され、教育法制も整っている。「特別支援教育」への改革モデルとして大きな示唆が得られる。

目次

第1章 「無償の適切な教育」を保障する法制の二重構造―障害者教育法とリハビリテーション法504条項
第2章 アメリカでのLD児の教育問題―歴史的概観と最近の論議
第3章 アメリカにおけるADD/ADHDへの教育的対応―ADD/ADHDは何故「健康障害(OHI)」カテゴリーなのか?
第4章 軽度知的障害児はどこにいってしまったのか―「軽度」知的障害児教育をめぐる動向
第5章 軽度障害児に対するカテゴリーなしの障害児教育をめぐる問題
第6章 要医療的ケア児の「学校保健サービス」
終章 障害児の教育を受ける権利法制の日米比較

著者等紹介

清水貞夫[シミズサダオ]
宮城教育大学。1962年東京大学教育学部卒。学校法人・和光学園小・中学校教諭。1971年宮城教育大学講師。1988年宮城教育大学教授。2004年宮城教育大学名誉教授・長野大学教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。