瀧口修造 白と黒の断想

個数:

瀧口修造 白と黒の断想

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月21日 09時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 331p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784901998703
  • NDC分類 704
  • Cコード C0070

目次

写真の神話的感覚
ユージェーヌ・アッジェ
クリステル・ストレムホルム
アルフレッド・スティーグリッツ
フェルナン・レジェ
ポール・ストランド
ジョルジュ・ルオー
色のない写真・色のある写真
アレッサンドロ・ネスレル
ピエロ・ディ・ブラージ〔ほか〕

著者等紹介

瀧口修造[タキグチシュウゾウ]
1903年12月7日、富山県婦負郡寒江村大塚(現富山市大塚)生まれ。慶応大学在学中に同人誌「山繭」へ参加、また西脇順三郎に師事し、シュルレアリスムに興味を抱く。1931年英文学科を卒業。翌年PCL映画製作所へ入社し、スクリプターとして数年働く。1941年治安維持法違反容疑で逮捕、八か月の勾留を経て、起訴猶予処分で釈放される。戦後は主に評論家として活躍し、海外作家との交流や「読売アンデパンダン展」、「タケミヤ画廊」での企画展などで美術界に幅広い影響を与える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。