ぼくがナニワのアナウンサー

個数:

ぼくがナニワのアナウンサー

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 201p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784901908009
  • NDC分類 699.3
  • Cコード C0095

内容説明

東京から転勤で大阪に戻ってきた若手ディレクター寺谷一紀が現場で見たものは、関西人がいない、関西を知る人がいない、大阪弁を話せるアナウンサーもいない、というおおよそ大阪にあることが信じられない放送局だった。企画した番組のロケ、大阪の人は東京弁の質問に本音で応えてくれない、「こらあかん」。一念発起、大阪弁の話せるアナウンサーに転身した寺谷一紀の笑いと怒りと涙のエピソード、ぜひともお楽しみ下さい。

目次

プロローグ アナウンサーも失敗します
第1章 NHK入局
第2章 大阪転勤
第3章 ナニワのアナウンサー誕生
第4章 さらば、NHK
エピローグ あとがきにかえて

著者紹介

寺谷一紀[テラタニイチキ]
1964年(昭和39年)大阪府吹田市生まれ。1987年(昭和62年)大阪外国語大学イタリア語科卒。1987年(昭和62年)NHK入局(ディレクターとして東京報道局に)。1989年(平成元年)NHK大阪局スペシャル番組部へ転勤。代表作に『にっぽんズームアップ・ニュータウンが老いていく』。1992年(平成4年)ディレクターからアナウンサーへ転身。『夕方5時です千客万来』『とっておき関西』など。2002年(平成14年)NHK大阪放送局を辞め、フリーに。4月から、KBS京都とサンテレビの共同制作番組『らぶかん』やラジオ大阪のワイド番組の司会など。また立命館大学で非常勤講師として『実践放送塾』を講義