ライティング・マシーン―ウィリアム・S・バロウズ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 280p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784900997301
  • NDC分類 930.28
  • Cコード C0098

内容説明

ライティング・マシーン=バロウズ誕生前夜の南米旅行に焦点を合わせ、自己の喪失と発見の過程を辿りながら、『裸のランチ』に至る作家的自立を跡づける。50年代バロウズを誰よりも厳密に読み込み、そのテクストと人生に触れんばかりに接近することで、他者を渇望するバロウズの魂についに共振する斬新鮮烈なライフワーク。

目次

プロローグ 旅のはじまり
第1部 偵察(ライティング・マシーン;マネー・マターズ(お金は大事) ほか)
第2部 リオ・ブラーボの南(メキシコ・シティ;ヤヘ探し ほか)
第3部 インターゾーン(タンジェリーン;自由の国へ)
エピローグ 記憶の中の人たち

著者等紹介

旦敬介[ダンケイスケ]
1959年生まれ。作家、ラテンアメリカ文学研究者、翻訳家。明治大学国際日本学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。