自閉というぼくの世界

個数:

自閉というぼくの世界

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月19日 15時20分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 36p/高さ 19X27cm
  • 商品コード 9784900851306
  • NDC分類 E
  • Cコード C8795

内容説明

ぼくは少しみんなとはちがいます。そのことにさいしょに気づいたのは、ぼくが三才のころでした。みんなは自分の思ったことややりたいことを口で話しているのに、ぼくはどうやればそれが出来るのかぜんぜんわかりません。

著者等紹介

東田直樹[ヒガシダナオキ]
千葉県君津市在住。1992年8月12日生。1997年2月幼稚園入園。1998年3月児童相談所にて「自閉傾向児」と診断を受ける。1999年4月小学校入学。2004年4月君津養護学校六年編入

井村禮子[イムラレイコ]
東京都杉並区在住。1964年女子美術短期大学造形学部卒。1970年日本児童画研究会に所属。1973年心理相談教室「子どものアトリエ」主宰。1996年癒しの子育てネットワーク相談室主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みゃーこ

47
自己表現のハンディというか、心の内面に不自由さが食い込み周囲からの理解が得づらい世界観を持つ彼らの孤立への支援は「究極的の支援とは人生論を巡る支援だ(あとがきより)」という安倍さんの実に深い洞察。視覚障害者の例から数々の工夫により外界と内面世界を阻むハンディキャップを結ぶ入出力不自由さから解放するツールは開発されているように自閉症者にも様々な現場と当事者の不断の努力から「手を添えることが自閉症者にも言語表現が可能」ということが近年わかってきたという。2015/05/08

ヒラP@ehon.gohon

9
自閉症の子どもたちに読み聞かせしていながら、彼らの反応にどうしても自信が持てない私ですが、この本はとても温かく包み込んでくれました。 東田直樹さんは、自らの自閉症を悲しんでいるのではなく、理解して欲しいと言っているのです。 精一杯生きようとしていることを、受け入れて欲しいと言っているのです。 描かれた絵のように、自閉症という宇宙は、果てしなく感じられますが、彼らも意思伝達できないことが歯がゆいのです。 この本はそばに置いておきたいと思います。2017/05/27

たむら

1
「自閉症の僕が飛び跳ねる理由」の東田直樹さんの絵本。番組をみたときからとても綺麗な文を書くひとだなあと思っていた。私のなかにも偏見や誤解がいっぱいあると思うけれどきちんと知りたいと思った。当事者しか分からないことを少しでも知ることができてよかった。2015/11/16

ちょこ

0
当事者の方が書かれた絵本です。最初読んだとき、何だかショックで涙が出ました。

おちおち

0
読みたいと思っていたら小児科の待合室にあった! 三年生のものだとは思えないしっかりした文章。 こんなにしっかりした考えを持っているのにそれを解ってもらえない毎日なんて辛すぎる。 ずっとずっと苦しんできたんだな。2018/10/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/63623
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。