バークレー先生のADHDのすべて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 586p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784900550889
  • NDC分類 371.45
  • Cコード C0047

内容説明

これ一冊でADHD(注意欠陥多動性障害)のすべてが分かる。日本に比べ研究が進む米国の中でも25年間に渡ってADHDを研究しつづける世界的権威ラッセル・バークレー博士。博士の日本初のADHD著作翻訳、決定版。

目次

ADHDの子供をもつ親のための基本理念
第1部 ADHDを理解する(注意欠陥多動性障害とは;ADHDに関する新しい理論 ほか)
第2部 ADHDを引き受けて立ち向かう―最終決定権をもつ親としてうまくふるまうには(子供にADHDの診断を受けさせる;評価に際し知っておくべきこと ほか)
第3部 ADHDの子供との毎日―アメリカの家庭、学校での対処法(行動を良い方向へ導く八つのステップ;家庭での対応―問題の解決法 ほか)
第4部 ADHDの薬物療法(刺激剤による薬物療法;そのほかのADHDの薬)

著者等紹介

海輪由香子[カイワユカコ]
東京都立大学人文学部心理学専攻卒業。現在翻訳業に携わる

山田寛[ヤマダヒロシ]
広島市出身。東京大学医学部卒業、同大学精神医学教室で研修。1978年より東京都立松沢病院に勤務。この間ロンドン精神医学研究所およびモズレー病院に留学。1992年よりヤマダ神経科クリニック(世田谷区)を開業し、現在に至る。精神保健指定医。共著・共訳書に『精神療法のすすめ』『老年の精神医学』『精神障害・心身症看護マニュアル』『陽性・陰性症状評価尺度』などがある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

るい

4
帯に書かれているとおり、ADHD関係者必読の書。親向けに書かれているが、教師にとっても非常に勉強になる。ADHDがどういう障害か、原因は何か、診断を受けさせるには、子育ての方針、親自身のケアの方法、行動を良い方向へ導くためのプログラム、学校選び、薬物療法について。最新の研究も取り入れながら、子どもを取り巻くすべてに言及している。最後まで、ある、あると頷き続けた一冊だった。本書に書かれていた効果的な指導法を活かしたい。2014/12/08

sakko

0
良書。購入検討2008/08/11

happy55703

0
発行が2000年と古く、情報としてはイマイチだった。インタビューの章は面白かった。セルフエスティーム(日本語にはない)と書かれていたが、今は自己肯定感という単語がしっかり根付いている。2021/03/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/50434

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。