アグネ承風社サイエンス<br> 心理療法と音楽療法があれば認知症はこわくない

個数:

アグネ承風社サイエンス
心理療法と音楽療法があれば認知症はこわくない

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月24日 09時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6変判/ページ数 151p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784900508873
  • Cコード C1173

目次

第1章 音楽とは(音楽は世界の共通語?;音楽ってどんなもの? ほか)
第2章 心とは・病気とは(「本当の自分」でいること;心のメカニズム ほか)
第3章 音楽療法とは(音や音楽が持つ特徴;音楽が人間に及ぼす作用 ほか)
第4章 認知症と対策(なりたくない病気第1位?;認知症とは ほか)
第5章 認知症への新しい取り組み(新しい心理療法のアプローチ;新しい音楽療法のアプローチ ほか)

著者等紹介

加藤万吏乃[カトウマリノ]
武蔵野音楽大学音楽学部声楽科卒業。放送大学教養学部発達と教育専攻卒業。日本心理学会認定心理士。日本音楽療法学会認定音楽療法士。トランスフォーメショナルコーチ。演奏活動としては二期会会員(ソプラノ)、および日本演奏連盟会員。施設や病院へ生の歌声で訪問演奏を行う社会貢献グループ「二期会BLOCビタミンミュージック」の代表を務める。『MIA VOCE』(ミーアヴォーチェ)を主宰。東京慈恵会医科大学および放送大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。