車いす・シーティングの理論と実践

個数:

車いす・シーティングの理論と実践

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B5判/ページ数 406p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784899841388
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C0047

内容説明

車いすや座位保持装置は、生活の多くの場面で利用されており、これらを使用する障害児・者や高齢者にとっては必要不可欠なモノである。また車いすや座位保持装置は、寝たきりや障害の重度化、二次障害を予防するモノでもある。障害児・者や高齢者の多くはその障害により、呼吸・循環・消化における様々な症状や、褥瘡など介護の問題を抱えている。そのためシーティングの現場では、使用者(ユーザー)からの多くのニーズに対応し問題解決をはかる深い知識と、身体状況に適合したモノづくりが求められている。本書は、医学・工学はもとより用具の製作や使い方に至るまで、多角的視点で構成されており、シーティングに必要な知識と考え方、製作技術について、基礎・応用・実践と幅広く学べる書である。

目次

基礎編(基本事項;リハビリテーションにおけるシーティング;医学の基礎知識;用具の種類と機能;材料・構造・力学)
応用編(評価と処方、その対応;採寸・採型から実用まで)