認知症はタイムマシーン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784899760986
  • NDC分類 493.75
  • Cコード C0047

内容説明

20数年、認知症の臨床の現場に居続けた心理セラピストの著者は発見した。認知症とは、時間を越えて自由に過去を旅し、その人の人生の「未完了なことの再体験」や「輝いていた時代の再体験」を通じて、魂の次元で人生を完了させていくプロセスなのだ。

目次

第1章 「ユートピア」のドア、開いてます
第2章 問題行動は本当に「問題」?
第3章 「心の生命」を終らせない
第4章 介護で燃えつきないために
第5章 心の海に潜るダイバーのように
第6章 人生の終わりに、タイムマシーンで旅に出る
第7章 認知症と生きる意味
第8章 認知症から学ぶ、よりよい人生
第9章 ある人生

著者等紹介

中田京子[ナカダキョウコ]
臨床心理士。1981年より病院の相談室にてソーシャルワーク、カウンセリングやグループワーク、音楽療法をおこなってきた。精神分析を実践、研究し、後にビジョン心理学を学び統合して実践に生かしてくる。東洋大学社会学部卒。ビジョン心理学100日インターナショナルプログラム卒。ビジョンダイナミックス研究所トレーナズトレーニング修了。精神保健福祉士、保育士などの資格も生かし、心理カウンセラー、精神障害者リハビリ施設の施設長、財団法人ぼけ予防協会相談員など幅広く活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さくらい

2
母方の祖母が認知症になったことと、母が認知症者に対して適切な行動が取れず、気持ちの上で混乱と悲しみでいっぱいになっていた。そのことから、私自身も認知症への理解を深めるため手にとった本。内容は科学的に説明されたものではなく、介護士として長い間、認知症者と接してきた著者が「認知症になった人が自分の子どもや伴侶の名前を忘れて、昔に戻ったようにふるまうのは、人生の中で解消されていない感情を消化するために心をその地点にタイムスリップさせている」ことに気づき、その視点から各事例を挙げて説明している。2014/03/12

kojireg2002

0
父が認知症になって、手に取った本。認知症になった方は自分の過去を浄化するために本人が選んだもの。僕の気持ちも少し浄化されました。2015/09/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1098208

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。