巨魁

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 335p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784898311790
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0036

内容説明

だから私は、「鶴の一声」をどうしても許すことができなかった。“渡邉巨人軍”との2654日―珠玉のインサイド・ノンフィクション。

目次

第1章 球界支配の終焉
第2章 回り道は近道だった
第3章 「個人商店」からの決別
第4章 渡邉流「爆弾発言」
第5章 三軍「フーチャーズ」の挑戦
第6章 「WAR ROOM(作戦室)」にて
第7章 読売新聞と巨人軍
第8章 最後の独裁者

著者等紹介

清武英利[キヨタケヒデトシ]
1950年宮崎県生まれ。立命館大学経済学部卒業後、読売新聞社に入社。社会部記者として、警視庁、国税庁などを担当。中部本社(現・中部支社)社会部長、東京本社編集委員、運動部長を経て、2004年8月より、読売巨人軍球団代表兼編成本部長。2011年11月18日、専務取締役球団代表兼GM・編成本部長・オーナー代行を解任される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。