夾竹桃

個数:

夾竹桃

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年11月19日 03時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 273p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784897986005
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0022

内容説明

天正遺欧少年使節の千々石ミゲルはキリシタンを棄教して歴史上から消えた。そのミゲルの後日物語である。ミゲルは清左衛門と名をかえて、大村藩の大村喜前に仕えてキリシタンを捕らえる頭となるが、神父への道を志したこともあるミゲルはいさぎよしとしない。それが原因で喜前と仲違いをしてしまう。それからは、生涯、喜前の家臣から追われるようになる。ミゲルは、修行僧に身をやつして、ある時は茶の仲買人として、ある時は潜伏した、キリシタンの人達に情報を伝え、また生きていくための勇気を与えながら、隠れるように巡礼してまわり、雪の降りしきる背振山中に消えるように生涯を閉じていく。