あの死刑囚の最後の瞬間

あの死刑囚の最後の瞬間

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 242p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784897950105
  • NDC分類 916
  • Cコード C0036

目次

昭和の毒婦・戦後初の女性死刑執行―ホテル日本閣殺人事件 小林カウ
1年半で結審、22歳で死に赴く―鏡子ちゃん殺し 坂巻脩吉
死の獄舎を脱獄、仙台送りの翌朝処刑―雑貨商一家4人殺し 菊地正
母親の借金・叱責…におびえ、扼殺―母親バラバラ殺人 奥野清
「生れ変わりました。喜んで死にます」―強盗放火殺人 中島一夫
短歌と文鳥に生き甲斐を見えだす―吉展ちゃん誘拐殺人 小原保
「成仏して被害者に会って詫びたい」―横浜の強盗母子殺し 堀越喜代八
「このつらさ、苦しさをいまの若者に伝えて…」―少年ライフル魔 片桐操
仏門に帰依、模範囚の堂々たる最期―女性連続毒殺魔 杉村サダメ
死へのおびえに腰を抜かす―希代の暴行殺人鬼 大久保清
巨漢百キロ「言い渡し」を聞いて狂乱・格闘―女子高生殺し 佐藤虎美
録音された死刑執行 53時間の「声」―3人組拳銃強盗殺人 大谷高雄
獄中闘争の徒「日本のチェスマン」―洋服商夫妻殺し 孫斗八

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かず

75
ホテル日本閣殺人事件の犯人「昭和の毒婦・小林カウ」を調べるために読む。「カウが処刑の前日をどのような精神で過ごしたのか、心の部分については具体的手がかりはなにもない。死刑の執行を言い渡されたときの態度、その一日をなにをして過ごしたか、刑場にどのような赴き方をしたのか、について、外から見た印象だけが、それを知る人びとの記憶に残っている。ひと言でいうなら、落ち着いて堂々とした立派なものだったそうである。」2016/09/06

けんちゃん

19
戦後から高度経済成長時代に死刑囚として生き、そして死刑執行された人たちの最後の時。この本が書かれてからすでに20年の時がたっているが、死刑制度に関する議論はどうなっているのだろう。この本もまた一石を投じているはずなのだが…加賀乙彦さんの「宣告」の登場人物のモデルとなった死刑囚も書かれていて実録と小説の間でうろうろしてしまう部分もあった。大塚公子さんは初読みだったが、「死刑執行人の苦悩」も気になっている。2012/01/07

金吾

17
執行前に悟りを開いているような人もいればそうでない人もいます。生き物はいつかは死にますので、死が目前に迫ったときに解脱できるようになれればと思いました。死はいつ訪れるのかわからないので日々の暮らしが重要だと思います。2021/05/24

tai65

1
星4つ2018/12/23

1
数名の殺人犯の死刑確定から執行までを、殺人犯側の視点でわかりやすく書いてあった。死刑になれど、殺人の罪は償えないのだと改めて感じた。死刑制度の是非についても考えさせられた。2009/10/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/28647

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。