タリーハの太陽の下―ボリビアの詩人 オスカル・アルファロ詩選集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784897774138
  • NDC分類 961
  • Cコード C0098

内容説明

ボリビア共和国・タリーハ州に生まれ育ったオスカルは、ボリビアの雄大な大地、風、光、雨、樹々に鳥たち、そしてそこに生きる人々を深く愛し、湧き上がる想いを“詩”にのこしていきました。それらの作品の数々は、彼の死後四十年を経ても、清冽な印象を放って南米の人々の心に刻まれています。日本からは遠く離れた遙かなるボリビア、その国に根ざした詩人の魂を紹介します。

目次

1 タリーハの太陽の下
2 雨と大地の詩
3 子どもたちのための詩・百選
4 大地に息づく詩
5 紙上のサーカス
6 砂糖菓子の夢

著者等紹介

アルファロ,オスカル[アルファロ,オスカル][Alfaro,Oscar]
1921年ボリビア共和国・タリーハに生まれる。小学生の頃より詩作を始め、高校時代には演劇部を主宰。その詩、脚本は数々のコンクールにて高い評価を得てきた。父親の強い勧めにより、大学は法学部へ進むがなじめずに中退。以後文学の道を志す。1954年ファニーと結婚。主都ラパスにおいて小学校教諭として働きながら文筆業、創作活動を続け、評論家・作家としての地位を築く。1956年ボリビア文学賞・詩部門において、また、1963年には短編小説部門において金賞を受賞するが、ひと月後妻と母、2児を遺して心疾患により急逝。享年42歳

菱本早苗[ヒシモトサナエ]
1959年茨城県生まれ。1990年ケーナ奏者である夫とともにボリビアに渡り、滞在中にオスカルを知る。1998年帰国。現在2児の母
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。