生活習慣病骨折リスクに関する診療ガイド 〈2019年版〉

個数:

生活習慣病骨折リスクに関する診療ガイド 〈2019年版〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年01月18日 13時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4変判/ページ数 115p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784897753966
  • NDC分類 493.18
  • Cコード C3047

出版社内容情報

8年ぶりの改訂!
生活習慣病診療に欠かせない「骨折リスク評価・骨の健康維持」のための最新ガイド

2011年の初版刊行以来、2型糖尿病をはじめとする生活習慣病に併存・続発する骨粗鬆症や、骨折リスク評価の重要性の周知に大きな役割を果たしてきた診療ガイド。2019年版では、その後集積したエビデンスを体系的に整理し、日常診療に役立つ最新の情報をまとめました。

生活習慣病診療や骨粗鬆症診療に携わる医師とメディカルスタッフ双方に参考となる必読の書です。

【改訂のポイント】
●初版で取り上げた生活習慣病(糖尿病、脂質異常症、高血圧、メタボ、慢性腎臓病、慢性閉塞性肺疾患、睡眠障害)に加え、肥満症、サルコペニア、フレイル、認知症を新規に追加

●生活習慣病骨折リスクの評価方法を章立てし、骨代謝関連マーカーや転倒リスク、ビタミンDの評価、FRAX、生活習慣病治療薬による骨折リスク、画像・骨評価方法を取り上げた

●生活習慣指導には栄養、運動に加え、嗜好品、薬剤管理を追加し、骨粗鬆症リエゾンサービスを新たに項立てするなど、メディカルスタッフにもより役立つ内容となった

目次
第1章 総論
1.生活習慣病による骨代謝への影響
2.生活習慣病による骨脆弱化機序
3.生活習慣と骨折リスクに関する疫学
4.生活習慣病における骨折リスクの遺伝的要因
5.骨と他臓器との関連性

第2章 骨折リスクに関連する生活習慣病
1.糖尿病
2.慢性腎臓病(CKD)
3.慢性閉塞性肺疾患(COPD)
4.肥満症,メタボリックシンドローム
5.脂質異常症,高血圧症,動脈硬化症
6.睡眠障害(不眠症,OSAS)
7.サルコペニア・フレイル,認知症

第3章 生活習慣病の骨折リスクに対する評価方法
1.骨代謝関連マーカー
2.転倒
3.ビタミンD
4.FRAX
5.薬剤
6.画像・骨評価方法

第4章 生活習慣指導による骨折リスクへの介入
1.栄養指導
2.運動療法
3.嗜好品
4.薬剤管理

第5章 生活習慣病の骨折リスクに対する介入
1.薬物治療開始基準
2.薬物療法
3.骨粗鬆症リエゾンサービス

巻末図表