人は、人を浴びて人になる - 心の病にかかった精神科医の人生をつないでくれた12

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

人は、人を浴びて人になる - 心の病にかかった精神科医の人生をつないでくれた12

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784897753621
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「私を回復に導いたのは「薬」ではなく「人」だった」
生きていくことに疲れ、二度の自殺未遂を起こした著者が、大切なことに気づかせてくれた人達との「出会い」、
そして1本の道でつながっている人生を振り返る自伝的エッセイです。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

キク

50
著者は母親の統合失調症に苦しみ、研修医時代に2度の自殺未遂の経験がある精神科医師。つまり心のトラブルについて「家族」「当事者」「医師」というそれぞれの立場で関わったことになる。タイトルである「人は、人を浴びて人になる」という格言について、若い頃は「人は、人(の言葉)を浴びて壊れていく」と置き換えていたという。「人の言葉は人を殺す。それが私にとっての真実だった。でも今は人を浴びて確かに人になっていく。心からそう思う」と書いている。多分、どっちも真実なんだと思う。人は、人を壊すし、人によって人にもなる。2021/10/09

いろは

48
例えば近所に救急車が止まったり、ふと追突事故の現場に出くわしたり、そういう時に野次馬根性で居座る人が、本当に本当に大っ嫌い。なので「善意ある無関心」には多いに共感できた。現役精神科医である著者の生い立ち、自身の心の病、そして現在。テクニカル的に読みやすい本ではなかったが、御本人の経験からでたリアルな臨場感が真っ直ぐ飛び出してきました。「回復に期限はない」良い言葉。★★★2018/05/23

ネギっ子gen

40
母の統合失調症と当事者体験を公表した精神科医。前作を読み、著者に感想を綴った手紙を差し上げ、長文の返信を頂き感激した記憶がある。この本は、講演会の場で購入した。座右に置いて、じっくり味読させて頂いております。<人から受けた悲しみや人との関係で生まれた憎しみ・虚無感は、やはり「人との関係」によって修復されていく>という言葉は、過去の、両親の罵り合い、母の妄想からくる暴言等から発する思い――<人は人(の言葉)を浴びて壊れていく>があるからこそ、一層輝く。なお、同じ道産子にして、静岡在住というところに親近感も。2019/09/26

すたんど(Showji)

33
【1回目】図書館本。統合失調症の母を持ち、自らも精神を病みながらも精神科医として歩んだ軌跡を語る。決して洗練された文章とは言えない。むしろ、稚拙でさえある。しかしながら、人が病み、そこから回復するとはどういうことなのかを読者と共に考えていこうという姿勢がうかがえる。人は、たとえ一時病んだとは言っても、人との出会いと交流の中で回復していくというのは、著者の信念に近い。「人を浴びて」人生をつなぎ、人間であることに自分をつないでいく。それで必ず病が癒えるわけではないだろうが、人とのつながりは不可欠なのであろう。2018/09/20

いっせい

22
統合失調症の母を持ち、自身も精神病を発症しながらも、精神科医となった著者。前半は、その過酷な半生に、読んでいる方も苦しくなるのだが、出会う人々との交流を通して一歩一歩前を進んでいく後半は涙を覚えます。タイトルの「人を浴びて」が最初はピンと来なかったのですが、なるほど、人との出会いはいいことばかりでないけれど、出会った人を丸ごと受け止めていく中で、人格が形成されていくという事なのでしょうか?うまく言えないけど。巻中にあった「人が人を支えるということは、とても重く苦しいのだ」という言葉は、今の私に突き刺さった2018/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12134290

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。