CORE Journal循環器 〈no.2(2012秋冬号)〉

個数:

CORE Journal循環器 〈no.2(2012秋冬号)〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 95p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784897753102
  • NDC分類 493.2
  • Cコード C3047

出版社内容情報

臨床現場で生じた10の疑問について実践的な回答を示す、エビデンスと実臨床を結ぶオピニオン誌

毎号、日常診療で遭遇する疑問を取り上げ、疑問の整形(PECO)、文献検索というEBM的ステップを明示したうえで、第一線の臨床家が疑問に答えます。

エビデンスを吟味して臨床決断に至る「過程」を明快に示すことにより、専門家の道筋が理解できるとともに、読者自身で独自のルートを開発できる手立てを提供します。

掲載の疑問一覧
▼動脈硬化
CQ 1 透析患者における心血管イベント抑制に脂質低下療法は有効か?
CQ 2 HDL-Cを上昇させる治療は心血管イベントの抑制に有効か?
CQ 3 糖尿病の脳・心血管イベント一次予防としての抗血小板薬の有用性は?
CQ 4 高血圧治療の降圧目標に下限値の設定は必要か?
▼虚血性疾患
CQ 5 CABGはオフポンプとオンポンプ,どちらが有効か?
CQ 6心房細動合併の冠動脈疾患に対して,抗血小板療法に抗凝固療法を追加すべきか?
CQ 7 アテローム血栓性脳梗塞の既往がある心房細動に対し,強力な抗血栓療法を行うべきか?
▼心不全
CQ 8 COPD を合併した心不全患者への適切な治療法とは?
CQ 9 急性心不全での点滴強心薬の使用方法とは?
▼不整脈
CQ 10 心房細動の薬物治療はレートコントロールかリズムコントロールか?

●From the investigators
今号のテーマは「経口抗凝固薬服用中のPCI施行例における抗血栓併用療法:WOEST 試験」
2012年の欧州心臓病学会(ESC)書き術集会Hot Lineセッションで発表されたWOEST試験について,この研究の責任医師のJurrin M Ten Berg氏が本研究の意義や解釈について解説