カルナック神殿(エジプト時代)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 193p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784897373942
  • NDC分類 520.4
  • Cコード C3352

出版社内容情報

古代エジプト、ギリシャから20世紀まで、各時代、各世紀をあらわす12の建築を選び、建築と時代、政治、社会、文化そのゆくえなどについて、わかりやすく語る待望の新シリーズ。本文中の専門用語には、詳細な脚注を施し、建築図面および関連参考図版を多数掲載。日本語で読める参考文献を附す。

目次

ロイヤルマミー
砂漠と水/神々と文字/生と死
カルナック神殿とルクソール神殿を実際に見る
エジプトとユダヤ/地域性と普遍性
古代エジプト、中国、日本の死後の世界
外部世界がないエジプト/外圧から内部を見る日本
エジプト建築の空間/ルイス・カーンの格闘
エジプト建築の流れ
エジプト建築の学説/建築起源論
「エジプト的なもの」の起源とは何か/ピラミッド
エジプトの影響/エジプト・リヴァイバル
イクエンアテンの魅力
ピラミッドの公共事業説/ポトラッチ
奴隷と強制労働
神話/失われた古代文明
現代の建築で、数千年後も残るもの
モニュメントの不可能性

著者等紹介

磯崎新[イソザキアラタ]
建築家。1931年大分市生まれ。1961年東京大学数物系大学院建築学博士課程修了。1963年磯崎新アトリエ創設。代表作に大分県立図書館、群馬県立近代美術館、つくばセンタービル、ロサンゼルス現代美術館、水戸芸術館、バルセロナ市オリンピック・スポーツホール、ティーム・ディズニー・ビルディング、京都コンサートホール、静岡県コンベンションアーツセンター、なら100年記念館、秋吉台国際芸術村、COSIなど。日本建築学会賞・作品賞、日本建築年鑑賞、毎日芸術賞、英国RIBAゴールド・メダル、朝日賞、ヴェネチア・ビエンナーレ建築展・金獅子賞など受賞

篠山紀信[シノヤマキシン]
写真家。1940年東京生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。在学中よりライトパブリシテイ入社。1968年フリーとなる。建築物を主題にした作品は1975年刊行の『家』(潮出版社)が最初。芸術選奨文部大臣新人賞、毎日芸術賞、国際写真フェスティバル金の眼賞など受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Takuya Yoshida

0
エジプトは自然条件を試行錯誤して創り上げており、良い意味で知性を主張していない。紹介される事物の仕組みが至って明快な印象を受ける。建築の祖形は非常に重々しく、して暗い。来世に存在する魂が、現世の世界に訪れた際の居場所として意図しているのか、とも推測できそうだ。しかしながら著者は神殿云々よりも、やはりピラミッドの永遠性に関心がおアリのようで、古代エジプト人だけが持ち得た‘死後の世界を考えながら生きる感覚をもたらす時空間’の特異性を、現代人の思考を代表して予言したいのだろう。2014/10/10

ik

0
作品の面でも理論の面でも作例、比較に富んでいて大変参考になった。古代から現代まで縦横無尽にかけめぐる議論は濃厚で読み応え抜群。2013/04/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2289820
  • ご注意事項