共生社会〈2〉―共生社会をつくる

個数:

共生社会〈2〉―共生社会をつくる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年08月01日 10時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 311p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784897323503
  • NDC分類 361
  • Cコード C0336

目次

総論 共生社会への道
第3部 地域の再生と共生社会(自然共生の農山村システムをどう計画するか―日本の国土・百年の計;地域衰退からの脱却と活性化への道筋―過疎地域における支援組織、行政との協働のあり方;共生型地域経営と社会的企業―衰退農村地域再生をめぐるイギリスと日本との比較;脱成長型の地産X消で地域に活力を;新しい社会・地域教育の役割と実践展開―日本型ESDで地域の誇りを取り戻すための教師の養成と大学の使命)
第4部 “農”の再生と共生社会(耕畜・異業種連携と資源循環にみる地域農業のシステム化;環境保全型農業の現在;亜熱帯農業の農法検討:沖縄農業の生産力展開より;自然共生型酪農による日本酪農の構築;集落社会における共生の問題系―自然資源と人的移動をめぐる一試論)
第5部 グローバル化時代と共生社会(シェイクスピアに見るグローバル化―文学と映画に現れた共生への視線;グローバルな共生の可能性―携帯電話をとりまく「つながり」から考える;日本の地域社会における外国人労働者との共生―技能実習生の実態から;外国人の人権保障と共生理念;成熟した多言語共生社会をつくるために―子どもたちのもう一つの言語)