話題のつぼみ―会話に花を咲かせましょう

個数:

話題のつぼみ―会話に花を咲かせましょう

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 46判/ページ数 163p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784897105734
  • NDC分類 809.4
  • Cコード C0095

内容説明

おしゃべりを楽しむ!人生を楽しむ!!―ラジオの女王から73の提案。山梨日日新聞の好評連載を一冊に凝縮。

目次

言葉のつぼみ―どうして、語彙を豊かにしないといけないのでしょう?(「語彙を豊かに」の理由;どこを折るの?「話の腰」 ほか)
調和のつぼみ―あいさつや返事に添えた情報が、会話の“糸口”になる(一番初めの“音”が肝心!;先に名乗ることの大切さ ほか)
関係性のつぼみ―声のトーンを合わせると、調和の空気が生まれます(プレゼントを選びやすい人;「事実」VS「個人の感想」 ほか)
気くばりのつぼみ―会えない時間が育てるのは、男女の“愛”だけではない(「メールのお作法」入門前;メールにも必要な“雑談力” ほか)
人づきあいのつぼみ―同じことに接しても、感じるものは人それぞれです(おしゃべりな顔&カラダ;大人数から“味方”を探す ほか)

著者等紹介

小俣雅子[オマタマサコ]
コミュニケーションデザイナー、アナウンサー・エッセイスト、東京学芸大学客員教授。1952年生まれ。山梨県都留市出身。東京学芸大学を卒業後、文化放送にアナウンサーとして入局。「吉田照美のやる気MANMAN!」(文化放送)、「三宅裕司と小俣雅子のガバッといただきベスト30」(ニッポン放送)などのラジオ番組に出演。現在は、都留文科大学などで講座を開講(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。