新書y
戦国茶闘伝―天下を制したのは、名物茶道具だった

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 215p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784896918175
  • NDC分類 210.47
  • Cコード C0221

内容説明

すべては、信長の「名物狩り」から始まった!織田信長が「茶のご政道」を推し進めて以来、武将たちは「茶の湯」との闘いに明けくれることとなる。信長は、「名物狩り」で手に入れた茶道具を家来に恩賞として与え、家来たちは領地よりも、「名物」を貰うほうを望みだした。珍重する茶器を奪われたくないために茶器とともに自爆する者。焼失を憂えて、茶器を城外へ放出してから切腹して果てる者。また、茶の湯の魅力にとりつかれて身を滅ぼす者、などなど。戦国物語は、なにも血なまぐさい戦乱物語だけではなく、ほほえましくも、涙ぐましいまでの茶闘物語であった。

目次

名物茶道具は、こうして生まれた―佐々木道誉
名物を狩り集めよ!―織田信長
弟の命より『瓢箪』が惜しい―大友宗麟
信長に盗られるくらいなら、いっそ…―松永久秀
信長、もう一つの無念―荒木村重
本能寺に仕掛けられたワナ―島井宗室
地位や領国よりも、名物が欲しい―滝川一益
ニュー名物は、オレが創る―豊臣秀吉
『楢柴』のためなら、一戦も辞さず―秋月種実
その橋、渡るべからず―山上宗二
たとえ、波濤を越ゆるとも―高山右近
われこそは、天下の「ひょうげ者」なり―古田織部
人生は、耐えることと見つけたり―織田有楽斎
茶坊主の魂、百まで―石田三成
うらみ晴らさで、おくものか―松平不昧

著者紹介

三宅孝太郎[ミヤケコウタロウ]
1937年生まれ。作家。1960年、早稲田大学文学部演劇専修卒。84年、『夕映え河岸』で第64回オール読物新人賞受賞