新書y<br> “子”のつく名前の女の子は頭がいい―情報社会の家族

新書y
“子”のつく名前の女の子は頭がいい―情報社会の家族

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 231p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784896915822
  • NDC分類 367.6
  • Cコード C0236

内容説明

なぜ、現代の若者は両親や教師と言葉が通じないのか?なぜ、彼らは本能的な衝動を抑制できなくなったのか?それを解くカギは“子”のつく名前とつかない名前の違いにある!理解を絶するメディア新世代である若者の名前を追跡することで、マスメディアが両親に与えた影響と大衆社会のコミュニケーション・システムを追跡する若き社会学者の画期的成果。

目次

第1章 女の子たちの変化
第2章 女の子たちの「名前」を調べる
第3章 「名前」の変化に時代がみえる
第4章 Passive Language理論によるコミュニケーションシステムの解析
第5章 メディア2世に託される未来

著者等紹介

金原克範[カナハラカツノリ]
1964年生まれ。東北大学大学院理学研究科博士課程前期修了。理学修士(動物生理学専攻)。最近は日本の第一次産業、とくに農業を真剣に考える日々とのこと。そのためメディア一世を例として情報化の影響を解明する次回作『テレビ・ペアレンツ』の予定が大幅に遅れているが、内容には自信がある。小規模なシンクタンクである「コミュニケーション・リサーチ・センター」代表。地球規模問題・人材育成事業の調査などを引き受けている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

keepfine

1
メディアコミュニケーションを経験をしてきたメディア1世代(親)はメディア2世代(子)に対して情報を事後送出(「何であの時こうしなかったの」と事後的に叱る)をするため、子供は情報が蓄積されず、情報獲得や学習の能力も低くなる。結果として子世代は「仲間以外皆風景」になり、負荷の少ない情報を好んで摂取するようになる。メディア環境の変化がコミュニケーション様式に影響し、世代的再生産されていくという画期的かつ説得的な分析。そうした帰結の1つとして「話し合いより訴訟」の社会になっていくだろうし、ai論にも通ずる視覚だ。2017/06/25

こうほね

1
メディアと両親の関係性は興味深い。 現代では、多くの人間が第一世代以降ではないだろうか?2014/10/19

diet8

0
テレビや本にのめり込みすぎると、コミュニケーション方法が、事後送出ばかりになり、子供は親の小言は役に立たないと情報遮断するようになる。現代のマスコミで売られる情報は、入力価値のみで、出力価値の無い、現場肯定型である。子がつく名前の統計の部分は悪くは無いが、この本のほんの一部であって、その後の主張の部分は客観性は無い。が、著者の言いたいことは伝わる。そういう面もあるだろう。ただし、この本こそ出力価値情報が少ない。メディアを断てと言っているだけで、大量の現状悲観の後に、現場打破の方策の記述が少ない。2013/04/06

taeko

0
いいたいことは分かる。2011/04/29

ngoto

0
☆いまいちよくわからんが、メディア2世が困ったちゃんてか。でもまぁ、世代論をするなら普通に戦争世代、戦争を知らない世代、さらにその下の世代とわけても同じことな気はするな。2010/12/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1042

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。