映画秘宝コレクション
映画突破伝―「人肉饅頭」から「クイーン・コング」まで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784896915501
  • NDC分類 778.04
  • Cコード C0074

内容説明

本書は著者二人が関わってきた、数々の映画との嘘のような本当の壮絶なデスマッチを振り返り、映画界の現状や問題点を語ると同時に、著者二人が本格的にタッグを組んで取り組む最新プロジェクト『クイーン・コング』の全貌を明かした対談の記録である。

目次

第1章 映画の闇鍋を食い尽くした修行時代
第2章 凶弾乱射!インディーズ配給はゲリラ戦だ
第3章 日本の映画業界をダメにした5つの大罪
第4章 B級娯楽大作の至宝『クイーン・コング』
おまけ 突破伝外伝―それでも映画を続ける理由

著者等紹介

江戸木純[エドキジュン]
映画評論家、(有)エデン代表。1962年東京生まれ。本名:古谷文雄。(株)東北新社で日本語版字幕制作を担当した後、(株)ギャガ・コミュニケーションズにて、300本以上におよぶ劇場未公開映画のビデオ化に奔走。業界誌『ビデオ・インサイダー・ジャパン』の編集長を経て、フリーへ。以降、数々の宣伝プロデュースおよびコンサルティングを務め、98年にエデンを設立。『ムトゥ踊るマハラジャ』『ロッタちゃんはじめてのおつかい』などを手掛け、大きな話題を呼んだ。映画評論家としても各誌で執筆多数。現在、日中合作映画『王様の漢方』をプロデュース中

叶井俊太郎[カナイシュンタロウ]
アルバトロス・フィルム(株)プロデューサー1967年東京生まれ。ハワイ・インターナショナル・カレッジ卒。ラジオ局勤務を経て、91年ニューセレクト(株)入社。海外ポルノ映画の宣伝を数多く手掛け、その後同社の別レーベル、アルバトロス(=アホウドリの意)の独立に伴って移籍。以降、世界中から選りすぐったゲテモノ・血みどろ映画ばかりを扱う特異なポジションで認知を高め、99年『キラー・コンドーム』の大ヒットにより、広く注目を集めた。今夏、『クイーン・コング』を江戸木純と共に配給宣伝
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。