月光歌論叢書<br> 聞き耳をたてて読む―短歌評論集

個数:

月光歌論叢書
聞き耳をたてて読む―短歌評論集

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 299p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784896748369
  • NDC分類 911.16
  • Cコード C0095

内容説明

時代は何に向かって言葉を生み出すのか―。錯綜した現実を解きほぐすこと。テロと短歌、ジェンダーと戦争、オウムと「心の闇」、寺山修司とアニミズム、福島泰樹と朔太郎、境界の光景、隙間だらけの日本語…。短歌評論に新しい境地を切り開く著者の第二評論集。

目次

1 時代と短歌
2 時代の闇と心の闇
3 アニミズムと寺山修司
4 情の力
5 言葉を生きる
6 境界の光景
7 短歌なるもの

著者等紹介

岡部隆志[オカベタカシ]
1949年生まれ。明治大学大学院日本文学科修士課程修了。専攻は日本古代文学、民俗学、近現代文学。現在の仕事としては、中国少数民族の口誦文化を調査しており、日本の歌や神話との比較研究をしている。現在、共立女子短期大学教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。