日本の特別地域特別編集<br> これでええんか大阪

個数:

日本の特別地域特別編集
これでええんか大阪

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月26日 05時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 139p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784896378603
  • NDC分類 302.163
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「世界で最も住みやすい街ランキング」第3位。更に2025年の万博開催決定と勢いに乗っているコテコテな大阪の凄さと実態を探る。

目次

第1章 住みやすい都市世界3位 大阪は凄い
第2章 世界1位になれたはずや 大阪の足を引っ張るアカンとこ
第3章 エリートとマダムの街 上流階級が住む摂津の正体
第4章 南大阪のニュータウン 和泉エリアは何かが違う
第5章 大阪人の京都・奈良・兵庫・和歌山・滋賀に対するタブーと本音
第6章 万博決定で大阪の逆襲が始まった!

著者等紹介

鈴木士郎[スズキシロウ]
1975年東京都生まれ。編集者、ライター。地域批評シリーズに創刊時よりスタッフとして参加

昼間たかし[ヒルマタカシ]
1975年岡山県生まれ。ルポライター、著作家。岡山県立金川高等学校・立正大学文学部史学科卒業。東京大学大学院情報学環教育部修了。知られざる文化や市井の人々の姿を描くため各地を旅しながら取材を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

乱読家 護る会支持!

3
2025年の大阪万博で、大阪が盛り返すかと言えば、中途半端な盛り上がりで終わる気がする僕。 そもそも、摂津、河内、和泉では何となく気質が違う気がするし、歴史的に日本一の都市やったのは、大阪市内だけじゃね?と思う僕。 「大阪人」としてのアイデンティティがあるようで、単に我が強い自分勝手な人たちだけと思う僕。 橋下さんのおかげで都構想で盛り上がったけど、結局、大阪の人達の気持ちは二分されたままと思う僕。 あ、そんな僕は、九州系のエセ大阪人でした。じゃっどー!2019/10/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13523418

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。