日本の特別地域特別編集<br> これでいいのか愛知県

個数:

日本の特別地域特別編集
これでいいのか愛知県

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月18日 19時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 139p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784896376661
  • NDC分類 302.155
  • Cコード C0095

出版社内容情報

愛知県民は見栄っ張りでよそ者を異常に嫌う性質があり、そのため独自の文化やライフスタイルがある。その真実を解き明かす一冊。

内容説明

沿線別!見栄っ張り県民のヤバい生き方。

目次

第1章 派手か地味か 両極端な愛知県の歴史
第2章 鉄道沿線別に愛知県の「人種」を大分析!
第3章 ランキングや取り組みから見る愛知県のまち
第4章 「進行と停滞」「成功と失敗」が交錯する愛知のまちづくり
第5章 成績はハイレベルだが悪名も高い愛知県の教育
第6章 全国区になれない愛知県観光のもどかしさ
第7章 末長く愛知県がハッピーでいられるために

著者等紹介

岡島慎二[オカジマシンジ]
編集者・ライター。1968年生まれ。学術系からギャンブル系までノンジャンルで何でもこなす雑食ライターだが、現在は主に地方自治やまちづくりなどの地域問題を筆頭に、地方が抱えるさまざまな社会問題に関する執筆がメイン

土屋コージン[ツチヤコージン]
1969年生まれ。フリーライター兼編集者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えすてい

3
編集部は愛知県に生まれなくてよかったという論調。愛知県や名古屋市の「異常性」をこき下ろす本は多々出ているけど、この本は愛知県と名古屋市を混同していないところは評価できる。「異常さ」だけではなくダークな部分や各市町村別の住民の性格も。ネタに関しては歴史的な背景を織り交ぜているので単に「異常さ」だけを前に押し出すような書き方ではない。しかし、愛知県民・名古屋市民の一人として初めて知ることもある一方で、やはり編集部がネタとしてこんな愛知県に生まれなくてよかったという色は好きになれない。2018/06/26

masao

0
愛知県は管理教育とのこと。2018/11/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12448432

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。