日本の特別地域特別編集 これでいいのか広島県広島市

個数:

日本の特別地域特別編集 これでいいのか広島県広島市

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 140p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784896373851
  • NDC分類 291.76
  • Cコード C0095

内容説明

カープ、原爆、お好み焼き…イメージが固定しつつも漠然としか把握していない広島市の謎を紐解く。

目次

焼け野原をチンチン電車で復活させた広島の正体
第1章 そもそも広島ってどんなとこ?
第2章 市民も意外と知らない!?広島市に隠された謎
第3章 インフラは超充実だが内部抗争もチラホラ
第4章 狭い平地には住めない!中国山地はニュータウン続々
第5章 観光地ではあるけれど…広島市民のレジャー事情は!?
第6章 水害、台風、地震に原発…広島を取り巻く危機の数々
第7章 さらに合併?再開発?変わりゆく広島市の今後は
街の気になるスポット

著者等紹介

川口有紀[カワグチユウキ]
1978年広島県尾道市生まれ。普段は演劇・芸能・サブカルチャー関連のフリー編集ライターとして活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

どですか寺ん

32
2012年の広島本。マイクロマガジン社の地域批評シリーズというユニークなものの中の一冊。よくある郷土愛本とは違う。無論、ケンミンSHOW的な面白さもあるが、硬派なネタが多く、広島で被爆者差別があった事や中国電力の原発問題、土砂災害の危険性(のちに実際起きた)、再開発やインフラ等も扱っている。編者は尾道出身なので、誤った記述も見当たらず、広島県民が読んでも読みごたえがある内容だった。掲載写真も綺麗な観光ガイドと違い、近頃の広島市や県内が伝わるものが多くて良い。このシリーズ、優れものかも知れない。2015/04/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4565909

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。