美津と千鶴子のこんとんとんからり (増補新版)

個数:

美津と千鶴子のこんとんとんからり (増補新版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月22日 23時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 259p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784896180305
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C0036

内容説明

共感と対立をはらみ、パワフルに読み手の女を男を、己れのありか探しに誘う。ウーマン・リブ(70年代)からフェミニズム(80年代)に光芒をはなつ、星たちのニアミス。

目次

女をつなぐ―私のリブ・私のフェミニズム(過去と過去が向かい合う;それは、天から降って来た ほか)
関係を遊ぶ―怒りと快をもって(怒りはその頃と同じ;“女の苦労”につながっている ほか)
私を生きる―かまけて、ふけて(「今、戦争」を生きる;旗振りに怒り狂ってる、鍼灸師のおばさん ほか)
時代を視る―生きてることを愛して(時代が私に追い着いたんです;私は私を生きる ほか)

著者等紹介

田中美津[タナカミツ]
1943年、東京都に生まれる。70年代初頭のウーマン・リブ運動の直中を生き、75年の国際婦人年世界会議を機にメキシコに渡り、四年半滞在した。帰国後、東洋鍼灸専門学校を卒業、85年に治療院「女と子どものからだ育て“れらはるせ”」開設、鍼灸師として活躍している

上野千鶴子[ウエノチズコ]
1948年、富山県に生まれる。京都大学文学部社会学科を卒業、同大学院博士課程を修了し、平安女学院短期大学助教授、京都精華大学教員を経て、現在、東京大学大学院人文社会系研究科教授。専門の社会学のほかに、フェミニズム理論の担い手としてめざましい活躍を続けている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。