顔をあげて。そばにおるで。―尼崎市の就労促進相談員の仕事

個数:

顔をあげて。そばにおるで。―尼崎市の就労促進相談員の仕事

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 159p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784895958691
  • NDC分類 369.2

内容説明

元ヤクザとも元ホストとも真っ向勝負で心の対話!尼崎市でのべ348人を就労させた就労促進相談員。世界一、親身になってくれる市役所のひと。“みさ姉”。就労促進相談員…生活保護受給者のうち、就労可能でありながら働けていない人の就労を支援する専門職。尼崎市では平成14年度より6名を設置、現在は14名の相談員がいる。本書は生活保護の現状を、就労促進相談員の現場から捉えた一冊。

目次

第1章 尼崎の就労促進相談員(尼崎(あま)という街で
私は就労促進相談員! ほか)
第2章 あきらめたら、あかんよ!(働かんでええよ;私、赤ちゃんできてん ほか)
第3章 障がいと向き合って(私の障がいを、理解して!;最初から金メダルを持って生まれた子 ほか)
特別章 セミナー再録「人の力で支える社会」
第4章 誰にでも、明日がある―未来に向かって(就労以前の問題から始まる支援;支援を行う環境、その問題点 ほか)

著者紹介

林美佐子[ハヤシミサコ]
昭和43(1968)年11月10日兵庫県尼崎市生まれ。短大を卒業後保育士、学童保育指導員のアルバイトを経て、平成14年度より尼崎市福祉事務所の就労促進相談員。単なる就労支援にとどまらない支援スタイルとその実績は県内外からも注目され、日常的な支援活動の傍らセミナーや講演会の講師として招かれる。平成23(2012)年、生活保護受給者とともに“ありのままの自分でいられる居場所”として「こころの笑夢(えむ)」を設立。2人の子を育てるシングルマザー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)