リハビリテーション医学の世界―科学技術としての本質、その展開、そしてエトス

個数:

リハビリテーション医学の世界―科学技術としての本質、その展開、そしてエトス

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 361p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784895900126
  • NDC分類 494.78
  • Cコード C3047

目次

序章 リハビリテーション医学誕生物語
第1章 リハビリテーション医学の展開
第2章 リハビリテーション医学の本質
第3章 リハビリテーション医療の実際
第4章 リハビリテーション医療におけるチームワークとリーダーシップ
終章 リハビリテーション医学のエトス

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

newpapa

0
 QOLのことを知りたくて読む。最初は、著者の歩んできた歴史について語られていた。QOLにダイレクトに関わってはいないが、それなりに面白いと感じる。  後半のリハビリテーションの現場の話は、全く違う分野で生きている者であるが、学ぶところが多かった。特に学んだことは、患者目線で全てを考える、ということである。  ついつい、組織のための患者になりがちなところを、患者主体に語られそして工夫して患者がQOLを高めていこうとするその姿勢に大いに学ぶところがあった。 2017/12/31

mieken

0
リハビリテーション医学の歴史の概要から、わかりやすくリハビリテーション医療が説明されている。1992年の本ということで、今は新しい本もたくさん出ていると思われるが、本質は今でも納得できる。2017/11/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/221968

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。