イラストで学ぼう!子どものケガ・病気・感染症

個数:

イラストで学ぼう!子どものケガ・病気・感染症

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 110p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784895793728
  • NDC分類 376.14
  • Cコード C2077

内容説明

主任先生教えて!新任先生はるか先生の困ったときのお助け本。

目次

1章 こんなときどうする?病気・事故(発熱;熱性けいれん;嘔吐;下痢;熱中症 ほか)
2章 子どもがかかりやすい感染症(インフルエンザ;流行性角結膜炎(はやり目)
咽頭結膜熱(プール熱)
ヘルパンギーナ
麻疹(はしか) ほか)

著者等紹介

朴賢晶[ボクケンショウ]
愛知文教女子短期大学教授。心理学博士。名古屋大学教育学部発達教育臨床コースを卒業後、同大学院の博士行・後期課程を修了。平成20(2008)年より現職。教育心理学、保育の心理学、社会心理学等を担当。青年期の適応問題を主な研究テーマとし、現在は、保育者を目指す学生の実習評価を高めるための研究を行っている

鈴木陽子[スズキヨウコ]
愛知文教女子短期大学准教授。看護師。総合病院勤務後、企業での産業保健、介護福祉士養成校の教員、看護学校の教員を経て、平成22(2010)年より現職。介護福祉分野、子どもの保健等を担当。日本福祉大学大学院福祉マネジメント専攻修了(福祉マネジメント修士)。現在は、現場の保育士が今、困っていることを把握し、保育士養成校での授業の在り方を研究テーマとしている

赤塚徳子[アカツカノリコ]
愛知文教女子短期大学准教授。保育士・幼稚園教諭。公立保育園勤務後、病後児保育や子育て支援センター等での保育士経験を経て、名古屋市立大学大学院博士前期課程修了。平成25(2013)年より現職。乳児保育、保育実習指導等を担当。子育て支援をテーマとして研究を行っている

蘆田明雄[アシダアキオ]
医学博士。名古屋大学医学部を卒業後、名古屋医療センター、国立がん研究センターにて研修。がんの免疫療法をテーマとして研究を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。