介護福祉労働論

個数:
  • ポイントキャンペーン

介護福祉労働論

  • 石田 一紀【著】
  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • 萌文社(2004/09発売)
  • 【ウェブストア限定】リニューアル記念キャンペーン ※店舗受取サービスはキャンペーン対象外です。
  • ポイント 40pt
  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784894910782
  • NDC分類 369

内容説明

「自信をもって仕事をしたい。誇りをもって仕事を続けていきたい」、その現場の声に応えて、見失おうとしている介護福祉労働の真髄を解明し、介護保険の本質を問いただした力作。現場の福祉労働者やホームヘルパーと語り合いながら研究をすすめてきた著者が、社会福祉・介護福祉労働とは何かを究明し、福祉労働の本質を問い直した介護福祉労働の3部作の1冊。

目次

第1章 介護における「生活」概念
第2章 介護福祉の対象と労働の特徴
第3章 介護報酬とその介護規定
第4章 介護保険制度の本質と介護福祉労働
第5章 介護福祉労働条件の変遷
第6章 介護福祉労働の変質と働きがい
第7章 いま、わたしたちに問われていること

著者紹介

石田一紀[イシダカズキ]
1951年、ヒロシマ(広島)に生まれる。立命館大学産業社会学部を卒業後、日本福祉大学大学院(社会福祉学専攻)を終了。福島総合病院にて12年間、医療ソーシャルワーカー、地域組織活動に従事する。現在、長野大学社会福祉学部教授。専攻は介護福祉論