「ゲノム編集作物」を話し合う

個数:

「ゲノム編集作物」を話し合う

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月21日 01時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 114p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784894769816
  • NDC分類 615.21
  • Cコード C1061

目次

1 ゲノム編集作物と市民の視点の重要性(ゲノム編集作物とは何か;遺伝子組換えと同じなの、違うの?;消費者はどう認識しているのか?;市民の役割とは?)
2 グループディスカッションの設計(参加型テクノロジーアセスメントと市民パネル;市民パネル型会議のポイント;今回のグループディスカッションの狙いと設計)
3 消費者からみた可能性とリスク 話し合いの分析(1)(参加の動機;ゲノム編集作物に対する不安・懸念;ゲノム編集作物のメリットについて;消費者の選択;企業や研究機関に求めること;消費者の反応を読み解くポイント)
4 規制や食品表示に対する議論 話し合いの分析(2)(規制の必要性とその根拠;規制の内容;コラム ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)によるフォーカスグループ・インタビュー
北海道独自の規制に対する賛意
その他の意見
ガバナンスにおいて考慮されるべき観点)
5 討論後の意見と規制のあり方への視座(参加者アンケートの結果;国内における規制の検討状況;結論と残された課題)

著者等紹介

三上直之[ミカミナオユキ]
北海道大学高等教育推進機構准教授。専門領域:環境社会学、科学技術社会論

立川雅司[タチカワマサシ]
名古屋大学大学院環境学研究科教授。専門領域:社会学、科学技術社会論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。