未発選書
芸能の“伝承現場”論―若者たちの民俗的学びの共同体

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 468p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784894763746
  • NDC分類 386.8
  • Cコード C3049

目次

第1編 芸能の生成(芸能の生成をめぐって;ウタの生成―奄美八月踊り歌から)
第2編 芸能の機能(民俗芸能の伝播;依り来るカミの化生―伊東市富戸の鹿島踊りの機能;蓮華会とサトの夏―蛙跳び行事をめぐる民俗;若者の民俗としての三匹獅子舞;岩手県の神楽とその機能;「盛岡さんさ踊り」考―イベント祭りと民俗芸能)
第3編 芸能の民俗誌―伝承の現場とともに(伝承の現場とともに―二十年民俗誌の試み;伊豆半島の三番叟―研究史の整理と東子浦人形三番叟の復活;宇久須の概況と三番叟の現況;宇久須の若者組―かつての人形三番叟の伝承組織;民俗芸能と老人―演者を退いた者、あるいは熟練の演者と民俗芸能;演技の熟練への構造―宇久須の人形三番叟の事例を手がかりとして;「天下御免」の三番叟―民俗誌の新たな視座へ;「天下御免」の三番叟、その後―民俗誌のさらに新たな視座へ)

著者等紹介

大石泰夫[オオイシヤスオ]
1959年千葉県生まれ。1989年國學院大學大学院文学研究科博士課程後期単位取得。盛岡大学文学部教授。専攻は日本上代文学・民俗学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ekura

0
少しずつしか読む時間が作れず、1月かかってしまった。2年間手が出せなかったが、やはり価値ある一冊だった。芸能伝承の現在を通じて民俗の現在と、われわれが民俗にいかに向き合いいかに書くべきか、重大な示唆を与えてくれる。大月・橋本も結果をあせらず、20年かけるつもりでゆっくりやればよかったのにとも思う。2010/10/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/788969
  • ご注意事項