Pythonで学ぶプログラム作法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 308p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784894714014
  • NDC分類 007.64
  • Cコード C3004

出版社内容情報

プログラミング未経験者を対象に、コンピュータプログラミングの基本理論を解説する入門書です。プログラミングの定義から始め、若干の歴史に触れ、それから、プログラミングによって問題を解決するために必要となる基本テクニックの数々を紹介します。入門に適したプログラミング言語であるPythonを用いて実際のコード例を示していますが、本書によって得られる知識は、あらゆる言語に共通する普遍的なものばかりです。


--------------------------------------------------------------------------------
プログラミングRuby

・・・・・目次・・・・・

第1部 はじめに
 第1章 対象読者と本書の内容および使い方
 第2章 要件
 第3章 プログラミングとは
 第4章 作業に入る前に
第2部 プログラミングの基本
 第5章 単純な順次実行
 第6章 素材
 第7章 より複雑な順次実行とPythonでの作業方法
 第8章 ループ ― 繰り返しのテクニック
 第9章 条件分岐
 第10章 ユーザとの対話
 第11章 モジュールプログラミング
 第12章 ファイルとテキストの処理
 第13章 プログラミングスタイル
 第14章 エラー処理
第3部 高度な話題
 第15章 再帰呼び出し
 第16章 名前空間
 第17章 オブジェクト指向プログラミング
 第18章 イベント駆動型プログラミング
 第19章 正規表現
 第20章 デバッグ
 第21章 ソリューションの設計
第4部 応用プログラム
 第22章 ドキュメント解析プログラム
 第23章 言葉当てゲーム
付録A Pythonのインストールとテスト
付録B 注目したいその他のプログラミング言語
付録C 参考情報

内容説明

プログラミング未経験者を対象に、コンピュータプログラミングの基本理論を解説する入門書。プログラミングの定義から始め、若干の歴史に触れ、それから、プログラミングによって問題を解決するために必要となる基本テクニックの数々を紹介。入門に適したプログラミング言語であるPythonを用いて実際のコード例を示している。

目次

第1部 はじめに(対象読者と本書の内容および使い方;要件 ほか)
第2部 プログラミングの基本(単純な順次実行;素材 ほか)
第3部 高度な話題(再帰呼び出し;名前空間 ほか)
第4部 応用プログラム(ドキュメント解析プログラム;言葉当てゲーム)

著者等紹介

ゴールド,アラン[ゴールド,アラン][Gauld,Alan]
複雑な概念をかみくだいて説明する才能を備えた、数少ない貴重なプログラマのひとり。25年間の経験は、組み込みのマイクロコントローラからメインフレームによる料金システムまで実に多岐に渡るが、その間、いくつものプログラミング言語といくつものオペレーティングシステムを使いこなし、多数のアプリケーション開発プロジェクトに携わってきた

松葉素子[マツバモトコ]
大阪大学大学院薬学研究課中退後、電機メーカーにて半導体開発関連のプログラミングに従事。その後、フリーランス翻訳者となり現在に至る
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kwy8791

0
仕事ではシェルスクリプトとDOSバッチ、teratermマクロくらいしか書いてなかった自分には大変参考になった。Pythonのバージョンも1.5.2と古いから、完全に擬似コード扱いして読めたし。 惜しむらくは、内容が古くて、CIとかUnit Testに関しては何も触れられていないこと。原著( http://alan-g.me.uk/l2p/index.htm )は、Python3まで対応してたり、並行プログラミングに関する記述もあるようなので、時間があったら勉強がてら読んでみたい。2015/10/25

leather_sole

0
諸事情により流し読み。出てすぐ買ったけど、あの頃は理解できなかったなー。教えてくれる環境もなかったし…。新しいバージョンのPythonでまた読んでみたい。2009/12/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6542

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。