戦後保育所づくり運動史―「ポストの数ほど保育所を」の時代

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 327p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784894640924
  • NDC分類 369.42
  • Cコード C3037

目次

序章 私と保育運動―保育所がほしい、なぜ保育所を求めたか
第1章 戦前における保育所と運動(救貧・慈善・社会事業としての保育所;無産者託児所運動と保育研究会)
第2章 戦後児童問題と保育要求 一九四五年~五五年(戦後民主化と児童福祉法・保育運動(一九四五年~五〇年)
保育要求の形成過程(一九五〇年~五五年))
第3章 「ポストの数ほど保育所を」の国民的大運動 一九五五年~七〇年―五五年体制の確立と高度経済成長が始まる(高度経済成長と安保反対運動;高度経済成長と保育政策 ほか)
第4章 革新自治体と保育運動(保育料値上げ反対運動と保護者会活動;無認可保育所運動のこと ほか)

著者等紹介

橋本宏子[ハシモトヒロコ]
1929年東京に生まれる。1951年日本女子大学家政学部社会福祉学科卒業。1961年白梅学園短期大学非常勤講師(1978年まで)。1980年私立鳩の森保育園園長(1983年まで)。1985年熊本短期大学助教授(のち熊本学園大学社会福祉学部教授)。児童福祉・女性福祉担当。2000年定年退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。